[動画あり]映画「北の桜守」主題歌「花、闌の時」(SPOT)


映画「北の桜守」主題歌「花、闌の時」(SPOT)



3月10日より絶賛公開中の映画「北の桜守」。
オリジナルサウンドトラックには、小椋 佳渾身の書き下ろし主題歌「花、闌(たけなわ)の時」他、ドラマティックな劇中音楽を収録。
ボーナストラックとして主題歌を主演の吉永小百合、阿部 寛が中心に歌ったオリジナルバージョンと小椋 佳が中心に歌ったスペシャルバージョンを収録。


◆映画「北の桜守」オリジナルサウンドトラック 好評発売中!!
EPCE-7375 ¥2,315+税
amazon⇒http://amzn.asia/4TBNMuo


◆主題歌「花、闌(たけなわ)の時」 好評配信中!!
【iTunes】https://itunes.apple.com/jp/album//id1350318734?app=itunes
【レコチョク】http://recochoku.jp/album/A2001175320/
【mora】http://mora.jp/package/43000030/UFDL-1398/

ハロプロ動画集






  • コメント一覧

      • 1. 癒して名無しさん #
      • 2018年03月14日 21:45 ID: R93aGxZW0
      • 「北の桜守」にアップロントグループが力を入れているのは「山崎会長案件」だからだと思われる。滝田洋二郎監督の初期の代表作はピンク映画の「痴漢電車シリーズ」であり、脚本家の那須真知子は日活ロマンポルノで数々の名作の脚本を手がけている。1970年代の映画業界における若手の人脈は、大手映画会社の主流とは筋の違うところで育成されていた。

        1960年代末、演劇においては、唐十郎の赤テント、佐藤信の黒テントなどを始祖とするアングラ劇団が台頭し、その後小劇団運動として定着した。舞台演出のケラリーノ・サンドロヴィッチは小劇団運動の系譜に位置している。新劇に代表される老舗劇団とは明らかに位相を異にしており、当時は演劇界隈の異端に位置していた。

        音楽業界においても、1966年のビートルズ武道館公演によって壁が崩壊し、グループサウンド、フォークソング、ニューミュージックという流れで、歌謡曲世界とは筋の違う若手が台頭しはじめていた。アップフロントグループは、ニューミュージックの流れの末裔であり、人脈的に映画界の若手と繋がっていた。

        アップフロントグループの山崎直樹会長は明治大学法学部中退後、エレックレコード、アルジェ音楽出版、日本フォノグラムなどに勤めたのちにヤングジャパングループの子会社ポリスターに移り制作部長を務め、株式会社カレイドの代表取締役を兼務した。現在は放送番組に携わる制作・配給会社を組合員とする協同組合日本映像事業協会理事でもある。

        つづく



      • 2. 癒して名無しさん #
      • 2018年03月14日 21:55 ID: R93aGxZW0
      • ヤングジャパングループは1983年以降所属タレントが別会社への移籍が相次ぎ、旧グループ系列の子会社数社の合併でアップフロントエージェンシー、その後のアップフロントプロモーションが誕生した。1987年に山崎直樹は三代目代表取締役社長、2002年6月に社長を退任し、会長に就任した。

        ニューミュージックの流れのうち、アリスなどは、現在もアップフロントグループに関与している。「北の桜守」のオリジナルサウンドトラックは、アップフロントワークスが担当している。山崎会長は、こうした映画界、演劇会、音楽界のプロモーション人脈では「成功者」として評価されている。

        主題歌の「花、闌の時」のコーラスには、Bitter & Sweerの田﨑あさひ、長谷川萌美、元アップアップガールズ(仮)の仙石みなみ、堀内孝雄の息子であるロックバンド99RadioServiceのボーカル&ギターを担当するHoriuchi Koheiが参加している。また、完成披露試写会には飯窪春菜、横山玲奈が参加し吉永小百合に挨拶している。

        主演の吉永小百合は、日活の看板女優としてデビューした、まごうことのない正当派。配給は東映であり、日本映画の王道陣形と言ってよい。1949年生まれの団塊世代である山崎会長にとって吉永小百合は「女神」なのであろう。山崎会長にとっての「ライフワーク」的映画が「北の桜守」だと思われる。

        おわり


      • 3. 癒して名無しさん #
      • 2018年03月15日 20:47 ID: xOX16FCZ0
      • 真野ちゃん、どぅと本格的にテレビ・映画役者への道筋が出来上がってきて、くるみん、ももひめと演劇部門の設立があるってことでアップフロントとしてもひとつの体制として大きく関与していくって事なんでしょ。

        そこで会長経由でアップフロントの得意分野で製作協力して、今後の協力関係も示した形だよね。
        次回作では出演者としても何人か加わってるかもね。

        さんまさんと繋がりのある二人が吉永小百合さんに挨拶しに行く事でそれを土産話として番組に持っていく形で宣伝に繋げた。
        吉永小百合さんの話題であればさんまさんは必ず食いつくし、印象に残れば他のところでも話題にしてもらえるかもって打算も含めてね。

        この二人以外でも映画を観に行く形でも宣伝に協力をしてる。

        今後はハローのOGも関わってくるんだろうけど、研修生やその親御さん、将来のオーディション参加者に対してもアイドルのその後のビジョンを提供するって意味で良いアピールになるよね。

    コメントする

    名前
    URL
     
      絵文字
     
     



    [動画あり]映画「北の桜守」主題歌「花、闌の時」(SPOT)

      速度変更
    2018

    ハロー!プロジェクトファンの情報共有サイト


    ハロプロ最新情報
    LINEで読者になる Twitterでフォロー Facebookでフォロー Google+でフォロー Feedlyに登録
    ニュース


    どうも
    メディア関係のプログラム
    バグがあったようですね
    該当
    削除しました

    前のツイッターの
    アカウントは
    このエラーで
    潰されたような
    ものなんだよな~

    どうも
    鬼門だな~
    Σ(´∀`;)


    カテゴリ別アーカイブ
    記事検索(ライブドア)
    月別アーカイブ
    最新コメント

    PAGE TOP