共通など<!--zzz共通など/zzz-->


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55423
世界の音楽市場の足を引っ張っているのは、日本の音楽業界だった

確かにそうかもしれんがこれが日本の音楽ビジネスであり
いろんな分野でガラパゴス化しても儲けさえあれば世界相手にしなくても良い考えだからね




*情報を教えてくれた方
ありがとうございます
m(_ _)m


ハロプロ動画集




[ご紹介]世界の音楽市場の足を引っ張っているのは、日本の音楽業界だった



  •  コメント一覧 (21)

      • 1. 管理人
      • 2018年04月26日 15:54
      • 日本の
        いいところでもあり
        よくないところでもあるんでしょうけど・・・

        日本は
        1つの文化圏
        なんですよね

        昔から
        日本という島国で
        すべてが完結している

        つまり
        日本は
        1つの文化圏

        しかし
        アメリカに占領されて
        今は
        グローバル化という名前の
        アメリカ・ルールで
        動かないといけない

        これは
        いわゆる
        ダブルスタンダードで

        日本の中では
        日本の文化圏のルール

        しかし
        アメリカの顔色は常に伺って
        その動向に
        黙って追随する

        実は
        日本の敗戦直後の
        朝鮮戦争勃発から
        現在に至るまで

        日本は
        このダブルスタンダードの
        差異を
        うまくビジネスにつなげている

        例えば
        アメリカの文化を日本にもってきて
        非常に高く売っている

        今でも
        海外のアーティストのチケットは
        高いんじゃないかな

        それと
        翻訳や通訳もそうですよね

        英語を日本語に
        日本語を英語に

        単純にそれが
        大きなビジネスになっている

        日本人が海外を旅行すると
        現地のツアーガイドを雇うと
        すごいお金が取られるらしい

        ---

        この
        ダブルスタンダードの差異というのは
        かなり
        美味しい味がするところなんだろうね

        逆にいえば
        日本が世界の潮流に乗れない
        なかなか
        グローバル・スタンダードに乗れないのは

        ☆乗れない
        というのと
        別に
        ☆乗らない
        という理由もあるのかもしれません

        乗らないほうが
        一部の権益者たちが
        美味しい味を楽しめるから
      • 2. 癒して名無しさん
      • 2018年04月26日 16:28
      • 以前、スガシカオさんだったかな?ダウンロードが隆盛のときに、CD買ってくれないとアーティストは厳しいと言ってた。確かに、ダウンロードとCDの価格差を考えれば、同じように1曲売ってもアーティストへの実入りはかなり違うんだろうなと思う。

        でも、ストリーミングだと、アーティストに1再生0.5円を払っていて、売上ベースでの市場規模は増えてるんだから、ダウンロードより遙かにアーティストには金が入ってるはず(全アーティストなら市場規模の増大=全アーティストの売上増だけど、ストリーミングだと無名のアーティストでも良い曲を作っていると売れてくるので(Aviciiみたいに)、個別のアーティストで見るとCDより実入りがいいかどうかは不明)。

        ハロプロの場合、ヲタは同じ曲を何度も何度も聴くんだから、ダウンロードよりはストリーミングの方が実入りは良いはずなんだけど、何故ストリーミングサービスに曲を提供しないのでしょうか(それと、引き続きCDは得るべき。日本でのCDの重要性は無視できないし、CDが売れれば注目されてストリーミングの売上も伸びる)。。
      • 3. 癒して名無しさん
      • 2018年04月26日 16:47
      • 音楽ビジネスも転換期にあるということですね。

        ハロプロも曲数は結構ありますし、結構埋もれてる名曲も多いですから楽しみ方も考えた分だけ広がると思いますね
        ハロプロ全曲セットとかあったらいくらで売ってくれるんでしょうね。
      • 4. 癒して名無しさん
      • 2018年04月26日 18:08
      • 長々とした評論だけど、足を引っ張ってる、という言い方は気にくわないな。
        配信でなく、CDを買うことが、そんなに悪いことなんですか?
        アイドルの握手会のためにCDを買うだけでなく、好きなアーティストのものは形あるものとして、ジャケット含めて手元に置いておきたいんですよ。
        番組、YOUでも、かつての好きなアーティストのレコードをわざわざゲットするために日本に来たりしている。
        なんでも世界の流行に乗る、合わせればいいというもんじゃない。
      • 5. 癒して名無しさん
      • 2018年04月26日 19:26
      • なんか仕組みがいまいち釈然としないんだが
        聞かれた回数ならば広報力が高いだけで回数は増やせるんじゃないかと思った。
        聴かれたトータル時間なら音楽の価値という指標にもなるのだが
        アクセスさせたものが勝ちなら、「音楽市場」という言葉ではなく「広告市場」としなければならない。

        ハロプロの場合、モールなどでのイベント開催を積極的にしていて、モール内店舗などへの積極的な経済効果ももたらしてるだろうし、そもそも音楽市場とやらの隆盛を目的に存在してるわけではない。「音楽市場」を見える形で王国にしたい人はそういう新しい購買形態に関心を示せばいいのであってそれ以外のなにものでもない
      • 6. 癒して名無しさん
      • 2018年04月26日 20:58
      • 半永久的なサービス運営と過去現在含めてすべての音楽を配信してくれるならいいけどね。
        数年後にはまた違う形になってると思う。
      • 7. 癒して名無しさん
      • 2018年04月26日 22:32
      • ネット配信、ストリーミング、音楽を購入する手段は多様化、変遷しましたけど、音楽に支払われる総額は確実に減少しているそうですね
      • 8. 癒して名無しさん
      • 2018年04月26日 22:53
      • iTunesも日本じゃなかなか導入されなかったり
        日本の音楽市場って閉鎖的すぎるんだよね
        JASRACの存在とか癌細胞が多すぎる
      • 9. 癒して名無しさん
      • 2018年04月26日 23:03
      • 日本はまだ1億の比較的同水準のマーケットがあるからね。ただ確実に人口は減っている。そのうち国外マーケットの比重が高くなる以上変わらざるを得ない。
      • 10. 癒して名無しさん
      • 2018年04月26日 23:57
      • ※7
        元記事にもあるとおり、減少しているのは日本だけですね。Global Music ReportでもCDなどのパッケージは世界どこでも減少しているけど、日本以外はストリーミングが急激に伸びて、音楽市場全体では2014年を底にして順調に伸びている。元記事で日本が足を引っ張ってると書かれているのはその点を指摘されていると思います。

        ※6、8
        ストリーミング含め配信を決定するのはレコード会社。ストリーミングなら、新作は提供しないけど旧作は全部提供することもある。アップフロントワークスが過去の作品含め、spotify、Google、Apple、Amazonなど複数に提供してくれれば、仮にどこかが配信をストップしても他に乗り換えれば利用者は聴き続けることができる。

        ハロプロの場合、昔の曲(しかも娘。以外も多い)を歌うことが多いけど、ストリーミングで聴くことができればとっても有り難い。
      • 11. 癒して名無しさん
      • 2018年04月27日 04:50
      • ここのコメント、一回読むごとに0.5円分の価値がある‼
      • 12. 癒して名無しさん
      • 2018年04月27日 17:14
      • きっとみんな某軍団のせいと言いたいんだろけど
        そればかりではないから
      • 13. 癒して名無しさん
      • 2018年04月27日 17:19
      • えっ!これってドイツも足を引っ張る存在って事なの?

        この Spotify というのは広告モデルによる基本無料配信って
        動画が無い YouTube みたいなものなのかな?
        CMが流れて配信者が儲かるって事は アーティスト = ユーチュバー 化?

        そもそも日本は少子高齢化で経済全体が縮小もしくは横這いなのだから、
        音楽産業だけ大幅に拡大とかしたら変じゃないの・・・
      • 14. 癒して名無しさん
      • 2018年04月27日 18:20
      • ストリーミング配信を音楽業界の救世主のように扱っている記事だと思うが
        果たして救世主だろうか?

        世界の音楽市場が173億USドルで、2014年を底に上昇に転じたといっても
        20年ほど前の音楽市場は240~250億USドルであって
        GDPの伸びを考慮に入れると
        173億USドルという規模は、20年前の市場規模の半分にも遠く及ばないだろう

        さらにこれから、ストリーミングの伸びが
        かつての市場規模を回復するまでに続くかどうかは不明だ

        また著者は「ストリーミング配信のみで着実に収益を得るアーティストも増えつつある」と述べるが、
        確かにパッケージを売る術もないアーティストにとっては貴重な収入だろう
        しかし、1再生0.5円という収入は充分だろうか?

        ストリーミングの問題点の一つは
        アーティストが付加価値を付けることが出来ない点に有ると考える
        アーティスト側から見れば、収益性の低い仕組みだと思わざるを得ない

        日本におけるパッケージ(CDなど)売上が
        どの程度アーティストに還元されているのか、正確な所はわからない
        しかし、少なくともストリーミングよりは収益性は高いと言えるだろう


      • 15. 癒して名無しさん
      • 2018年04月27日 18:21



      • 著者は日本が世界の音楽市場から取り残され、売上の減少が止まらないと述べているが
        一人当たりの売上で見ると
        日本は依然として世界の1,2位を争う規模で有る事を無視している
        これは、とりもなおさず、右肩下がりではあるものの
        パッケージ売上を世界に比して突出して維持しているからにほかならない

        他国のようにパッケージ売上壊滅が良いのかどうか議論の余地のあるところだろう
        (そうは言っても、私自身もパッケージが生き残るとは考えてはいないが話が長くなるので割愛する)
        (パッケージへの付加価値に、いわゆる過剰な接触商法も含まれるわけだが
        記事の主題からは外れるので、ここでは論じない)


        音楽文化の進展という点でもストリーミングの影響は看過できない
        ストリーミングの普及によって音楽の視聴形態が
        より「広く薄く」なる事は、共通認識であると思われる
        しかし、「薄く」はともかく「広く」は、果たして本当にそうなるだろうか?
        「薄い」視聴習慣になった聴取者が、
        名も無いアーティストの曲をわざわざ聴くだろうか?
        はなはだ疑問だ

        音楽シーンの多様性が失われる事にならなければいいが
      • 16. 癒して名無しさん
      • 2018年04月27日 18:36
      • 握手会システムと投票券システムによるCDの複数購入によるメリットを捨てきれない日本の音楽業界の歪みが世界全体の基準としても歪みとして認識されたって事でしょう。

        CDもレコードと同じく既に音楽提供のメインを担う媒体としては既に時代遅れになってしまっているのにいつまでもCDで音楽を販売することに固執しているとね。
      • 17. 癒して名無しさん
      • 2018年04月27日 18:55
      • 英語圏と日本語圏では規模が違うわけだから
        ストリーミング配信は世界規模だったり大陸をまたいだり海を越えたりするのには便利だけども

        日本語しかわからない人が日本語の曲を聞きたいときにすぐそこにCD売ってるんだったら買ってくればいいだけの話で。
        わけのわからない英語の曲を聞きたくもないのに月々いくらとられて聞かされるほうの身にもなってみ。まあインストゥルメンタルのほうはいいけれどもハロプロはそうではないわけだから。ここはハロプロのコミュニティだし。

        知らない人もコメントしてるようなので教えてあげる。
        ハロプロの標準的な歌は日本語で歌ってるの。すぐそこのタワレコとかでも売ってるし、オンライン販売もしてるの。ネットで買えばすぐにCDやらDVDも郵便小包で届けてくれるの。
      • 18. 癒して名無しさん
      • 2018年04月28日 02:21
      • まさかストリーミング配信には英語曲しかラインナップされてないとか思ってる!?w

        そもそも日本の音楽業界のストリーミング配信に参加することへの腰の重さや足並みの揃わなさを指摘されてるって記事なんだけど。

        レコードやCDという物を所持したい人やストリーミングを使いたくない人がCDを購買することが問題なんじゃなくてストリーミング配信というインフラが準備されているにも関わらずそれへの参加姿勢が日本(とドイツ?)だけ立ち遅れているって事。

        その結果、日本がストリーミング配信を中心とした世界全体の音楽業界の発展を妨害しているってこと。

        日本の音楽業界がストリーミング配信に積極的でないって事は日本の音楽を聞きたい外国の人達にも不便を強いている事にもつながるんだよね。
        以前はCDの流通の方が足かせになってたかもしれないけどストリーミングに参加すればそこはクリアされるんだからクールジャパンの方針の逆を行く振る舞いに思えるな。
      • 19. 癒して名無しさん
      • 2018年04月28日 06:37
      • 音楽業界に発展もくそもないよね
        音楽はやるかやらないかだけだから
        西暦1600年とかでも演奏するやつはするししないやつはしない。

        電子機器は日本も供給を行ってるし、ストリーミング配信とやらも技術的には簡単な話だ。ただあちこちに音楽ソフト屋があるので必要としてないだけのはなし
      • 20. 癒して名無しさん
      • 2018年04月28日 07:10
      • それに日本の音楽を聴きたかったら今誰でもYOUTUBEで公開してるから聴けばいいし。
        そのうえでダウンロードするなりライブいくなり。
        先日もいい曲と思ったから速攻探したら普通にYOUTUBEにあって。

        さよならエレジー
        https://youtu.be/XSkpuDseenY

        まあ普通に考えてまず有線に加入した方がいいな

    コメントする

    名前
     
      絵文字
     
     
    ・返信アンカーは「>>数字」で機能します。


    [ご紹介]世界の音楽市場の足を引っ張っているのは、日本の音楽業界だった

      速度変更
    2018

    ハロー!プロジェクトファンの情報共有サイト


    ハロプロ最新情報
    LINEで読者になる Twitterでフォロー Facebookでフォロー Google+でフォロー Feedlyに登録
    ニュース


    「コメント欄のお約束」
    ・汚い言葉遣いなどアメニティを損ねるコメントは禁止です
    に修正しました
    (^.^)


    カテゴリ別アーカイブ
    記事検索(ライブドア)
    月別アーカイブ
    最新コメント

    RSS